女性の薄毛、抜け毛の原因は・・・

 

国内で1000万人以上の日本人男性がAGAと呼ばれる男性型脱毛症のお悩みを抱えています。

この脱毛症は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑えて髪の毛の成長を止めてしまうことが原因で発症し、遺伝的な要因が深く関わっています。

このように、薄毛や抜け毛の悩みは、男性特有のものと思われがちですが、日本国内で、髪に悩む女性は600万人以上もいると言われています。

ですが、基本的に男性と女性の脱毛症の症状と原因は違います。

女性も更年期を迎える45歳~55歳くらいになると、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けるようになるので、中には、男性型脱毛症を発症する人もいらっしゃいます。

しかし、女性の薄毛や抜け毛などの髪のトラブルは、乱れた生活習慣などによってホルモンバランスが乱れ、その結果、髪のコシやハリ、ボリュームを失い、抜け毛が増え、徐々に薄毛になるというケースが多いようです。

乱れた生活習慣とは、夜更かしを続けて寝不足な状態が続いたり、無理な食事制限によるダイエットの影響で栄養が偏ったり、さらに、人間関係や仕事のストレスが溜まるなど、これらのことが積み重なると体内のホルモンバランスが崩れて髪に悪影響を与えてしまいます。

その他に、頭皮の血行を良くして、余分な皮脂や汚れのない清潔な状態の頭皮を保つことが必要ですが、頭皮の血行が悪いと、せっかく食事で摂取した栄養が毛根の奥にある髪を製造する毛母細胞まで行き渡りません。

また、余分な皮脂や汚れが頭皮に残っていると毛穴を塞ぎ、さらに、雑菌を繁殖させて炎症を起こしてしまい、抜け毛を促進することになります。

そして、毎日、洗髪に使うシャンプー剤が肌に合わなかったり、頭皮を刺激するような成分が含まれていると、頭皮にダメージを与えて何らかのトラブルを招く恐れもあります。

毎日使用しているシャンプー剤や育毛に使用する育毛剤などに含まれている成分は、事前にチェックしておきましょう。

花しゃん

最近は、若い女性でも、こうしたことが原因で薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が急増しているようです。

そんな人は、まずは、今までの自分自身の生活習慣を見直して、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスのよい食事を摂るなど規則正しい生活習慣に改善し、また、ストレスを溜めないようにすることも考えなければなりません。

そして、健康的でイキイキとした髪が育ちやすい頭皮環境を整えるためのヘアケア、紫外線対策などをしっかりと行いましょう。

ちなみに、毎日使用するシャンプー剤や育毛剤は、頭皮に負担の少ない無添加のものがオススメです。

 

 

リバウンドを防いで効果的なダイエットは・・・

 

「いつまでも若い頃のスタイルを維持したい・・・」と誰もが願っていると思いますが、残念ながら人間として生きている限り、若い頃の自分には戻ることはできません。

それでも、少しでも老化を遅らせようと多くの人がダイエットやエイジングケアを始めますが、ダイエットを行った人で痩せる前の自分に戻りたいと思う人はいないでしょう。

しかし、リバウンドで反対に激太りしてしまったり、間違ったスキンケアで老化を加速させてしまったりする人は少なくありません。

特にリバウンドは、ダイエットを行う上で大敵とされているほどの大問題です。

リバウンドしないようにするには、食事制限だけの手法に頼らずに、運動で消費エネルギーを高めることが必要です。

ですが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけによる手法も、リバウンドする可能性を秘めています。

確かに有酸素運動は、体脂肪を燃焼する効果の高い運動ですが、実は、同時に筋肉も燃焼することになります。

筋肉を燃焼させて筋肉量が減少することは、基礎代謝量の低下につながりますので、絶対に避けなければなりません。

そして、リバウンドを防ぐには、この基礎代謝量を低下させないということが重要になりますので、まずは、筋肉を鍛えることを目標に運動を考えなければなりません。

運動と一口に言っても、さまざまな種類の運動がありますが、リバウンドしないダイエットに有効とされる運動は、まずは、筋力トレーニングなどの無酸素運動で、それに有酸素運動を加えることで、最も効果的なダイエット法になります。

しかし、ここでもう一つ、十分に注意しなければならないのが食事コントロールです。

長くフィットネスジムに通い、週に何回かのペースで運動しているのに、全然、体重が減らないという人は結構いらっしゃいます。

その理由は、運動で消費したカロリーと同等分を食事で摂取してしまっているからなのです。

どうしても人間の体は、本能的に運動によってカロリーを消費すると、それを補うために食欲が増してしまいます。

また、1時間以上も頑張って汗を流して運動すれば、そのご褒美として、少しぐらいなら・・・と甘い物を食べてしまいがちになりますが、コンビニの菓子パン1個でも食べてしまったら、せっかく運動した分がリセットされてしまうことになります。

無理に食事量を減らす必要はないですが、せめて運動した分が赤字の収支になるように、毎日の食事量を管理していく必要があります。

そして、このように摂取カロリーを控えようとすると、どうしても栄養バランスが偏りがちになります。

外食が多くて、栄養が偏ってしまうという人は、ビタミンやミネラルを豊富に配合したサプリメントや、体に良いとされる漢方食品などのサプリメントをオススメします。

できれば、毎日の食事から、肉、魚、貝、豆類、卵、乳製品、油脂、海藻、野菜の9品目をバランスよく摂取するように心掛けましょう。

栄養バランスが整うことで体内の代謝機能が活発になり、結果的に脂肪燃焼効果も高まることになります。