正しい洗顔はスキンケアの基本です!

 

美肌を維持するために、さまざまな化粧品を試すなどスキンケアには人一倍努力している女性は多いと思いますが、肌の余分な皮脂や汚れを落として美容液や化粧水を浸透しやすくし、さらに保湿を促す毎日の洗顔は、スキンケアの基本と言っても過言ではありません。

1日の活動が終わった夜、顔の肌には、汗やほこり、余分な皮脂、アカ、化粧の油など、さまざまな汚れが付着している状態です。

このような汚れた状態を放置していると、毛穴が黒ずんだり、ニキビができたり、乾燥したりと肌のトラブルを招くことになり、また、汚れが壁を作って、せっかくの美容液や化粧水をつけてもなかなか肌内部に浸透してくれません。

こうしたトラブルを起こさないためにも、正しい洗顔法を身に付けて毎日実践することが大切です。

そんな洗顔法は、まずは、自分に合った洗顔料を選ぶことから始めましょう。

例えば、現在、市販されている中には洗顔後に、しっとりするものやさっぱりする洗顔料がありますが、しっとり系は、肌の潤いを取り過ぎず、肌に気をつかう女性には人気のようです。

また、普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌など、肌質に合わせたものもありますが、肌にダメージを与えず、しっかりと汚れを落としてくれるなどを考えて、自分の肌質に合ったものを選びましょう。

次に洗い方ですが、まずは、汗やほこりなどの水で洗い落とせる汚れは、ぬるま湯で顔全体を洗い落しておきましょう。

そして、選択した洗顔料をきめ細かく泡立てて、たっぷりと空気を含ませた泡で、力を入れずに優しく洗うことです。

この方法で洗顔すると、毛穴の中まで綺麗に汚れを落とすことができます。

反対に、十分に泡立てないでゴシゴシと強く擦ってしまうと、汚れが十分に落ちないだけでなく、肌を傷つけたり、色素沈着を起こしてシミとして残る原因になります。

特に、ニキビなどブツブツしたものがあると、ゴシゴシと強く擦ってしまいがちなので十分に注意して下さい。

また、皮脂を落とし過ぎたり、角質まで落とし過ぎると乾燥肌になってしまいます。

最後に、ぬるま湯で洗い残しがないように綺麗に洗顔料を落としますが、指のすべり具合で油分の残りを確認しながらよくすすいで下さい。

そして、泡が残っていないか鏡でチェックし、柔らかなタオルで軽く肌に当てるようにして水分を拭き取ります。

このように単純な洗顔法ですが、朝と夜の2回毎日継続することでキメも整い、美容液や化粧水などの浸透率が上がり美肌感を感じるようになります。